神奈川県,茅ヶ崎市,鎌倉市,藤沢市,横浜市を中心とした湘南地区を地域密着で施工。LIXILリクシルリフォームネット店だから安心。リフォーム・増改築から造園・外構・エクステリア・剪定まで住宅リフォームを提案する株式会社グリーンパトロール

神奈川県,茅ヶ崎市,鎌倉市,藤沢市で50年。施工実績は15,000件以上!安心のLIXIL(トステム)認定施工店リフォーム・増改築から造園・外構・エクステリアまで、住まいの事なら全てグリーンパトロールにお任せください。
地元湘南(神奈川県,茅ヶ崎市,鎌倉市,藤沢市)で50年。施工実績は15,000件以上!安心のLIXIL(トステム)認定施工店!
草取り ウッドデッキ ドッグラン 造園 アプローチ 駐車場バイク置き場
門扉 フェンス 給湯器 目隠し サンルーム ガーデンルーム
ベランダ バルコニー 屋根修理 雨漏り 玄関ドア シロアリ 内窓・二重窓 屋根塗装 外壁塗装

HOME > 庭 造園リフォーム > ウッドデッキ

ウッドデッキ 施工事例

どうする?ウッドデッキ材 ~あなたのウッドデッキライフは何年?

ウッドデッキを作る際、どんな材質を選んだらよいか?というご相談をよくいただきます。

高耐久性ウッドデッキ材の代表格は"イペ材"で、東南アジアのジャングルに生えている木です。 腐りにくく、高温多湿な地域のウッドデッキによく使われ、「30年もつ」と言われていますが高価で、よく日本で用いられている耐久性10年と言われるウッドデッキ材の2倍ほどします。

どうする?ウッドデッキ材 ~あなたのウッドデッキライフは何年?

「高くても30年もつからイペ材にしようかな・・」という方がいらっしゃいますが、そんな時私は「30年後のライフスタイルを考えてみてください」とアドバイスしています。

小さいお子さんがいらっしゃる、若い世代のご家庭に人気のウッドデッキですが、子どもさんが大きくなり、独立して家を出た後は使われずほったらかしになるケースをよく目にします。 たとえイペ材を用いても30年間一切メンテナンスが必要ないかと言えばそうではありませんし、もったとしても「30年後、我が家にウッドデッキが必要か?」ということを想像してみていただきたいのです。

どうする?ウッドデッキ材 ~あなたのウッドデッキライフは何年?

高いお金をかけて30年もたせたところで、ニーズがなければ仕方がありません。 それより、普通の材質を用いて10年後老朽化した際、その後のウッドデッキライフを再考してみて、必要であれば新しいものに変える、必要なければサンルームにしたり、畑にしたり・・など、その時に合ったお庭の活用方法を選択する方がよいと思うのです。

お庭のニーズは時代と共に変わります。その辺りを考慮して考えていただければと思います。


鎌倉市 T様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

ホームページをご覧になった鎌倉市のT様から、お庭の雑草が抜いても抜いても生えてきてしまって困っているとご連絡をいただきました。お話を伺うと、T様のお家は新築当時、リビングの大きな窓から見えるお庭スペースをガーデニングのために土のまま残したそうです。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

ところがみるみるうちに、ジャングルのように腰の高さまで雑草が生えてしまい、困っているので助けてほしいというご相談でした。そこで、まずは住環境コーディネーターの狩谷昌伸が鎌倉市のご自宅へ伺いました。

お家の中へ招いていただいて、お茶をいただきながら雑談も交えてたくさんお話をしてくださいました。拝見したところ、T様のお庭は南側道路に接していて日当たりがバツグンによく、植物たちが生き生きと育つ恵まれた環境です。建物の周りも同じように雑草が生えていました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

とにかく雑草に困らないお庭と、子どもさんがリビングから遊んでいる姿を眺められるウッドデッキがほしいというご希望がありました。今は雑草だらけのお庭に憂鬱な日々を送っているので、なんとか雑草に悩まされず、家族みんなで楽しむことができる快適な空間をつくりたい、というT様のお気持ちが強く伝わってきました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

また、プライバシーを確保できるようなフェンスがほしいというご要望もありました。道路を挟んでお向かいの玄関がリビングの目の前にあるので、お隣の方が玄関から外出されるときに目が合ってしまうことを気にされていました。そこで、私がご提案した内容はこちらです。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

まずは、リビングの外にウッドデッキ(上図①)を配置しました。そしてウッドデッキと同じ素材でフェンス(上図②)を設置すればよい目隠しにもなりますし、プライバシーも確保できるオープンテラスになります。お部屋の中から見ると、隣にもう一部屋あるように見えるので、リビングと一体的に広く感じられ、雑草対策としても大変有効です。お庭に降りるときのためにステップを一段取り付ける計画にしました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

こちらは立面図です。お隣の玄関は道路より少し高い位置にあり、お隣の方の目線を考えてウッドフェンスの高さを上げると圧迫感を感じるものになってしまうので、ウッドフェンスは道路通行人の視線をシャットアウトできる180センチの高さに設定し、お隣の玄関からの目線はハナミズキ(上図③)を植えてシャットアウトする案をご提案しました。ハナミズキは落葉樹なので、南側に植えても冬には葉が落ちてお部屋の中まで日差しが届きます。奥様はこの提案をとても気に入ってくださいました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

T様は、お子様がプールで水遊びができるウッドデッキを強く希望されていたので、ゆとりをもった大きさのウッドデッキと、コストパフォーマンスもよい化粧砂利を敷くご提案をさせていただきました。

敷地周りやお庭の雑草対策として、他社ではとにかく全てをコンクリートで固めてしまうような提案をされる方もいますが、 私どもは、お客様のご希望と予算に合わせて、温もりのある快適な空間づくりを心掛けています。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

しっかり基礎工事してから、グリーンパトロールで使用している防草シートと砂利を敷けば絶対に雑草が生えませんし、砂利が土に直接触れないので汚れにくくなる利点もあります。そして歩く音が聞こえるため防犯効果もあります。

市販の防草シートを使用しての失敗談は大変多く、脅威の生命力をもつ雑草に対峙するためには、プロであっても容易ではないのですが、グリーンパトロールが施工させていただいたお客様みなさんへ「自信をもって工事していますので、雑草が生えないことを保証します。万が一雑草が生えてきたらすぐにやり直しますのでご安心ください。」とお伝えしています。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

ウッドデッキとウッドフェンスが完成しました。ウッドフェンスはメンテナンスがしやすいように、アルミ材の柱で取付ました。いずれ木製のフェンスを交換するときにはアルミ柱は耐久性があるので再利用できます。フェンスに囲まれたお庭は換気が気になりますが、ウッドルーバーの隙間から風が通るので快適です。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

これまで、お庭やお部屋が道路側から丸見えでしたが、ウッドフェンスの目隠し効果で、プライバシーがしっかり確保されました。さらに、リビングの前にハナミズキを植え、お隣の玄関からの視線を自然に隠しました。これで、ご近所や通行人の視線を気にせず安心して過ごせます。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

どのお客様も木々は新しく購入していただくのではなく、既にお庭にある木を出来るだけ活かしたご提案をしています。既存の植木などをそのまま利用して移植することを嫌がる業者の方もいますが、グリーンパトロールはどんな木でも移植の工事に自信がありますので、責任をもってご提案しています。お客様の思いが込められているお庭を大切にしたいからです。

T様のお庭にも雑草に紛れて木々がありました。再利用のお話をさせていただいたら、任せていただけることになり、私が選んで移植をさせていただきました。一部はいままでお庭にあったユリ根を植えられるように、花壇をつくりました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

ダイニングの窓は、お隣の窓が目の前で距離が近いため、目隠しフェンスの代わりに大きな常緑樹を植えました。こちらはどんぐりの木で、一年中葉があるため目隠し代わりになります。T様のお家に小さなお子様がいらっしゃるので、どんぐり拾いができたら楽しいだろうな、と思い選ばせていただきました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例
神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

既存であったスチールフェンスはお庭以外を残し、モッコウバラを這わせる計画にしました。バラは冬に落葉するので、本来ですと生垣に向きませんが、モッコウバラは湘南(鎌倉市・茅ヶ崎市・藤沢市)などの暖かい地域では落葉しないので、一年を通してよい目隠しになります。ウッドフェンスより少し低い高さまで成長する予定です。春や秋には、白や黄色の可愛らしい花を咲かせ、楽しませてくれます。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

工事を終えて、T様が笑顔でこれからのことを話してくださいました。どんぐりの実を拾っているお子様の成長と一緒に、木々も成長していくことを楽しみにしてくださっています。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例

これで、真夏はウッドデッキの上にビニールプールを置いて水遊びをしたり、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に、腰かけて花火を楽しんでいただけることでしょう。お友達を呼んで家族ぐるみでバーベキューパーティー!なんてことも。
生まれ変わったお庭はとても快適で、ご希望どおりの空間ができたと大変満足してくださいました。


神奈川県鎌倉市 雑草対策 ウッドデッキ 外構施工事例


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

お母様と一緒にお住まいのM様から、お庭の手入れで困っていると連絡がありました。生前、お父様が大切にされていた植木をそのまま残しているので、一度お庭を見て相談にのってほしいという内容でした。そこで狩谷昌伸がご自宅へ伺い、いろいろなご相談を受けました。

茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

お電話をくださった娘さんご夫婦は2階、お母様は1階で、愛犬のワンちゃん4匹と一緒に暮らしています。お家の中からお庭を眺めてみると、ご相談のあったお父様の植木や鉢植えが目の前に広がっていました。手入れをして環境を維持するには大変な量であることは察しが付きます。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

現在は、お母様が雑草を一生懸命抜いていらっしゃるのですが、植木まで手が届かないので、どうすればいいのか悩んでいる様子でした。手入れができず困っている反面残しておきたいというお母様のお気持ちが、お話の中でひしひしと伝わってきました。そのとき私は、お母様のお気持ちを大切にしたいと考えていました。

娘さんご夫婦からは、ワンちゃんたちが遊ぶドッグランを作りたいというご要望を頂きました。ワンちゃんの首輪にワイヤーを付けて、お庭を走り回れるようにしているお宅がよくありますが、植木などにワイヤーが引っ掛かってて危ない場合があります。お庭をドッグラン仕様にすると、ワンちゃんは鎖なしで自由にお庭を走れるようになります。

また、友達を呼んでバーベキューができるくらいのウッドデッキがほしいというご要望もありました。テーブルセットが置ける広さが必要なのと、お母様が利用されている物干しざおを置くスペースも確保しなければなりません。
そこで私は、現在の和風のお庭を生かして、洋風のウッドデッキ(下図①)とドッグラン(下図②)を設置したプランを考えました。ご提案をした内容はこちらです。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

お庭をぐるっと回って植木を拝見し、木々の状態とお庭にあるものを確認しました。全て撤去して捨ててしまうのではなく、できるだけ今まであったものを再利用してご提案したいからです。M様だけではなくどのお客様にも、既にお庭にある植木や庭石を出来るだけ活かしたご提案をしています。

既存の植木などをそのまま利用して移植することを嫌がる業者の方もいますが、グリーンパトロールはどんな木でも移植の工事に自信がありますので、責任をもってご提案しています。お客様の思いが込められているお庭を大切にしたいからです。こちらのお庭には松やベニカナメモチの植木から、大きな庭石までたくさんありました。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

もちろん、捨てるものがあれば処分しますので、お客様のご希望を聞いてじっくり確認していきました。とくに植木は、いくつかの木が害虫によって蝕まれていたので、お客様にご説明をしてからすぐに処分をさせていただきました。多くの経験をもつ私にとって早急な対処が必要なのは一目瞭然です。お客様も感心してくださいました。

残すことになった松の木とキャラの木は、ウッドデッキに合うように剪定しました。また、植木の下にあった庭石は、据え直して再利用することにしました。

茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

工事中の様子です。ウッドデッキの下は雑草が生えないように防草シート敷き詰めました。しっかり地固めしてから、グリーンパトロールで使用している防草シートを敷けば絶対に雑草が生えません。コンクリートで固めてしまうよりもコストが下がりますので、工事全体のバランスを見てご提案をさせていただき、ご納得いただきました。

ウッドデッキはドックランのスペースを考えて大きさを設定しました。M様のお子さまは小学生なので転落の危険性がないことを考え、あえて手摺フェンスは設けず、その代わりにウッドデッキ周りにステップ一段を取付けました。どこからでも上がれますし、ステップに腰かけたり植木鉢を置いたりと、広々と使えて開放的です。

また、ワンちゃんが外に飛び出さないようにするためと、目隠しのため、お庭周りにウッドフェンスを設置することになりました。フェンスの高さは、周りのお家や道路からの目線を踏まえ、実際にM様に窓際に立ってもらって、お隣の方と目が合わない高さを測って決めました。(下図③) 私は目隠しフェンスを作る際はいつも、フェンスの位置にスケールを立て、実際にお客様の目線で確認をとって、一番適した高さを決めるようにしています。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

こちらは完成写真です。ドッグランは鎖をつなぐような一般的なものではなく、ワンちゃんたちが開放的に走り回れるようなご提案をさせていただき、即決で採用していただきました。

床は、既存の植木部分だけ土のまま残し砂利を敷き詰め縁石で囲いました。その周りを滑りにくい防草舗装で固めて、ワンちゃんたちがぐるぐると自由に走りまわれるようになります。これで、植木に鎖が引っ掛かる心配もありません。

「さすがね。こんなふうにできるなんて思いつかなかったわ。」とM様は驚いていらっしゃいました。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

フェンスの素材はウッドデッキと同じものを使用し、温かみと統一感を出しました。自然素材を使うことで、ワンちゃんにも優しい空間になります。
お庭への出入口も、道路側と裏通路の2か所ともウッドフェンスと同じデザインにして、すっきりとさせました。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

ウッドデッキは、パラソル付のテーブルセットやベンチも置けるくらいのゆとりをもった大きさです。お家の中から見ると外にお部屋がもう一つ続いているように見えて、広く感じられます。お庭の奥には、ワンちゃんの足洗い場とスモーキングコーナーも設置しました。物干し竿置場はお母様と相談をして、フェンスの外に設置しました。


茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事
茅ヶ崎市 M様邸 雑草対策 ウッドデッキ・ウッドフェンス工事

工事が終わると、すぐにお客様ご自身で購入されたテーブルやベンチ、そして夜に点灯するソーラーランプなど、お庭にセットされていました。出来上がりをご家族みなさんが楽しみにされていて、大変喜んでくださる姿を見てとても嬉しく思いました。そして、お母さまもホッと一安心されている様子が印象的でした。

今では毎日のように、ワンちゃんたちとお子さまが一緒になって植木のまわりをかけっこしたり、お友達を呼んで頻繁にバーベキューパーティーも開催しているそうです。ご家族みなさんから、希望にかなった想像以上のお庭ができたと大変満足していただくことができました。




神奈川県横浜市 S様邸 雑草対策 ウッドデッキ(ウッドテラス)工事

雑草でお困りの奥様からお電話をいただき、もっと草ボウボウの状態を想像してお伺いしましたが、苦労してお手入れさた様子で、そんなに荒れた状態ではありませんでした。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

お庭に敷かれた砂利は、ご主人がホームセンターで購入し、まかれたのだそうですが、砂利の間から雑草が生えてしまいました。砂利は雨が降るとどんどん土の下にもぐって行きます。防草シート無しでは雑草が生えてくるので、素人さんには難しいのです。

飛び石のように並べた敷石(化粧平板)や花壇も、ご主人と奥様の手作りだそうです。「植木や花は植木市で買って植えてきたが、思うように綺麗に育たないし、生えてくる雑草に負けてしまう。」「これまで自分達で庭を造ってきたけど、今度はプロにお願いしよう。」という事になり、弊社のホームページを見てご連絡いただいたのだそうです。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

雑草が生えないようにするため、土の部分には防草シートを敷き、たまに遊びに来られる車椅子のお母様が、玄関を通らずに裏口からリビングまでスムーズに通れるよう、スロープをつけたいとのご希望でしたので、ウッドデッキのお庭にするのがよいのではないかという話になりました。

また、道路を通行する人からお庭の中が丸見えでしたので、目隠しになるウッドフェンスを設けることになりました。ご提案プランを以下の平面図でご覧いただけます。


横浜市 S様邸 雑草対策 ウッドデッキ(ウッドテラス)・ウッドフェンス工事 剪定 お庭のリフォームはグリーンパトロール 横浜市


横浜市 S様邸 雑草対策 ウッドデッキ(ウッドテラス)・ウッドフェンス工事 剪定 お庭のリフォームはグリーンパトロール 横浜市


敷地には大切に育てられてきた植物がたくさんあり、今ある木を一本も切らず、全て活用して新たなお庭造りをしようと考えました。花壇にあった草花は、気に入ったものだけ鉢に移しウッドデッキの上に置いて楽しもうという事になりました。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

工事が始まりました。砂利や敷石(化粧平板)は全て取り除いて土の状態に戻し、その上に防草シートを敷き詰めていきます。これで、土の部分に日光が当たらなくなるので、雑草は生えてきません。(防草シートが飛ばないように、色々な道具を重石にして押さえています。ちらかしている訳ではありませんよ。)


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

花壇は壊さず、活かす植木の根元部分を残して防草シートを敷いていきます。縁取りに使用していたレンガも捨てるとなると別途費用がかかります。お客様になるべく負担をかけないよう節約のため、壊さず上から被せる形にしたのです。防草シートを敷いたらウッドデッキの基礎を作って、工事していきます。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

敷地の端が尖っている部分は、ウッドデッキの形も合わせていきます。飛び石のように並べていた敷石(化粧平板)や砂利は、裏口の自転車置き場に並べて再利用しました。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

ウッドテラスが完成しました。まるでカフェテラスのようにオシャレですね。裏口にも手すりつきのスロープがつき、車椅子がスムーズにリビング前まで入れます。木のスロープは地面につけると腐りやすくなるので、少し浮かしておき、地面に触れる場所は錆びないアルミ鋳物製の板を取り付けています。これでスムーズに車椅子も通れます。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

ここは元々物置があった場所です。一見すると何もないように見えますが、実は床下収納を作りました。ウッドデッキの下は人がもぐれるくらいのスペースがあるので、収納ケースなどに入れて、たくさんしまうことができます。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

こちらにも床下収納を造りました。いま最後の板をはめているところです。カフェテラスのようにオシャレなデザイン性と、たっぷり収納の機能性を併せ持つお庭になりました。

S様のお宅は犬を飼っていらっしゃったので、お友達のワンちゃんの鎖を引っ掛ける金具を取り付けました。お散歩から帰ってきて水道で足を洗い、ウッドテラスでくつろぐワンちゃんたちの姿が目に浮かびます。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

以前から使用されていた水道の枕木は、奥様が気に入っておられるとの事でしたので、新しい水道に再利用しました。かえるデザインの蛇口がオシャレですね。

リビングの窓の上には、タープをひっかける事ができる金具を取り付けました。タープで日陰をつくって、くつろぎスペースにしていただけます。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

ウッドデッキの下から植木がニョキリと生えるデザインです。この穴から水や肥料を与えることができます。もし木が枯れて、植え替えが必要になった場合には、このデッキ部分だけを取り外せるようにこだわって作りました。

普通の大工さんや工務店さんなら、既存の植木は切ってしまい、新たに鉢植えの植木を買ってテラスに並べましょうと言うでしょうが、グリーン・パトロールは違います。庭の草木を絶対に粗末にせず大切に扱います。

植木には”そこに植わっている理由がある”と思うのです。例えば「この木は、子どもが生まれた時に植えた」など、記念樹である場合や、おじいさんおばあさんの思い出があったりするので、大切にしたいのです。

元々この場所に植わっていたモッコウバラも活かして、ネットフェンスにはわせました。3年ほどすればウッドフェンスの場所まで伸びて茂り、花を咲かせ美しい生垣となります。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

ウッドフェンスの目隠し効果で、道路から丸見えだったお庭の中が見えなくなりました。これでプライバシーが保てますね。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

下から階段を上ってくる通行人にもお庭の中は見えなくなりました。

たまに「ウッドフェンスの隙間を全部無くして欲しい。」と仰るお客様がいらっしゃいますが、木材は、夏は伸びて冬は縮む性質があり、ぴっちり隙間なく作ると、木材が盛り上がったり隙間があいたりするので、少しだけ隙間を作ったほうが良いです。隙間はあるけど外からは見えないバランスがミソです。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

ウッドフェンスではカバーできない、高い位置の目隠しは植栽を使います。お隣の窓からの視線をカットするために、もともとあったゲッケイジュ、トキワマンサクの木に加えて、オオミヤマモモやボウガシを植栽しました。これらの植木が目隠しとなり、お隣の方と目を合わすことなく安心して暮らせます。

奥様は完成したウッドテラスを見て「庭が広く感じる!今まで有効利用できていなかったから嬉しいわ。」と喜んでくださいました。隅から隅まで同じウッド素材で統一したので、空間に広がりが出ました。土や砂利の庭に比べると、庭木の葉の掃除も簡単で、お庭の管理が楽です。


神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例
神奈川県横浜市 ウッドテラス収納施工例

当初奥様からは、ネットフェンス側も全部ウッドフェンスで囲ってしまいたいとお話がありました。ご希望通りに施工する業者が多いと思いますが、私はあえて反対させていただきました。 ウッドフェンスでぐるりと囲むと、せっかく眺めのよいS様のお宅の良さが失われてしまうと思ったからです。

ネットフェンスに這わせたモッコウバラが茂ってくれば、生垣となりよい目隠しになります。青い空と緑の生垣。ウッドフェンスはしょせん人工物です。自然の美しさにはかないません。余計な予算を使うより、景観を優先する方をおすすめしたのです。 モッコウバラや植木が育つ頃、また違う景色が見られることでしょう。その頃が楽しみです。




神奈川県藤沢市 T様邸 雑草対策 ウッドデッキ(ウッドテラス)工事

藤沢市にお住まいのT様から、お庭のウッドデッキが傷んできたので、修理できるか新しく作り直さないといけないか見て欲しいというご相談をいただきました。

神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

T様邸のウッドデッキはまだ7~8年しか経っていないのに傷んでしまったとのことで、所々穴が空いたり腐ったりしており、体重が重い人が乗ったら床が抜けそうな危ない状態でした。

通常ウッドデッキは、メンテンスをすればウエスタンレッドシダーで15年、ハードウッドなら30年はもつはずです。T様邸のウッドデッキが早く傷んでしまった原因は、ウッデッキの材料にありました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

T様邸のウッドデッキは、耐久性の低いスプルース系の材木で作られていたのです。スプルース系の材木は主にギターなどの弦楽器や、障子など室内の建具や家具に用いられ、高い耐朽性が必要な屋外ではあまり使用しない材料です。

また、そんな耐久性の低いデッキ材を用いていたことに加え、床板の厚みも薄く不十分でした。傷んだ部分を修理してもまたすぐに別の場所に穴が空いたり腐ったりする状況だったので、修理ではなく、丈夫なデッキ材で新しく作り変えることをおすすめしました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

お庭は、芝生に憧れたご主人がウッドデッキ周りに芝生を張っておられましたが、抜いても抜いても生えてくる雑草に困り果て、これを機に草取りしなくて済む、メンテナンスフリーの庭にしたいとのご希望でした。

芝のあった部分にレンガやタイルを敷いて雑草対策を施す方法もありますが、いっそのことお庭全体をウッドデッキにしてはどうかとご提案しました。お庭全体にウッドデッキを張ると、雑草対策になるのはもちろんのこと、お庭をテラスのように広々と使えますし、床下に広い収納スペースを作ることが出来るからです。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

ウッドデッキの上にはお子さまの遊具や物置やアウトドア用品が置いてありましたが、床下全体を収納スペースにすれば、これらが全部片付きます。倉庫1個分の荷物が楽々入る広さで、とても便利です。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

敷地の端には植え込みがあり、T様が結婚記念日に植えた大切な記念樹などがありました。植え込み部分に草が生えないよう雑草対策を施してそのまま残す方法もありましたが、植え込みの幅が狭いので、落ち葉の掃除をする時、狭いところに手を突っ込んで拾わなければならないので、大変だろうなと思いました。

そこで、植込みの上にもウッドデッキを張って、ウッドデッキの床下から植木が生えるデザインにしてはどうかとご提案しました。落ち葉はウッドデッキの上に落ち、掃除はホウキで掃くだけでいいので簡単です。T様はこれらのご提案をとても気に入ってくださいました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

新しいウッドデッキは、グリーンパトロールの女性一級建築士が設計します。住宅のエキスパートである一級建築士ですが、彼女は植物にも詳しく、既存の植木を1本も切ることなく、どう活かしてデザインするかを考えてくれました。女性ならではのきめ細やかな視点でデザインしてくれ、お客様にも好評を頂いています。

この木は半分枯れかかっていました。風通しのいい場所だったので、きっとこの木は風に弱い種類の木だったのでしょう。この木は風の当たらないところに移植して、元気に復活させたいと思います。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

代わりにこの場所にハナミズキを植えることにしました。ハナミズキの花は赤と白があり、春になるとたくさんの花が木を覆いつくします。その姿は桜のように見ごたえがあり華やかで、シンボルツリーにぴったりです。花が終わった後、夏に向け葉が茂ります。

夏は葉が茂り、リビングに日陰をつくるので涼しく過ごせます。冬は落葉するので、リビングにポカポカと暖かな日差しを届けてくれます。

お庭をリフォームする際、植物の適正を見極めることは重要です。木によって日向が好きな種類、日陰を好む種類、風に強い種類・弱い種類などさまざまなので、適材適所に植え替えてあげると良いです。もし植物に詳しくない業者さんだと、伐採を勧めたり新しく買い直す事を勧めますが、グリーンパトロールは植木のプロですので、可能な限り伐採することなく活かします。

こちらがご提案した平面プランです。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

工事が始まりました。まず古くなったウッドデッキを解体撤去します。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

これまでウッドデッキの外にあった水道は、奥様ご希望の屋外シンク(ガーデンシンク)を作るため、ウッドデッキの下に水道管を通して移動させます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

水道があった場所は日当たりの良い場所だったので、隣家の影で日の当たらない場所にあったバラをここに移植しました。バラは日向が好きなのです。

植木は移植するため、根巻きをして準備しています。樹の性質や花の咲く時期を考慮して微妙に移動させます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

傷んだウッドデッキを撤去し、土の状態にリセットしたら、でこぼこにならないよう整地・転圧して、防草シートを張ります。防草シートが敷き終わったら、基礎となる束石を配置していきます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

これは測量しているところです。床の高さを一定に保つようにレベルを出しています。

耐久性のあるデッキ材を用いて、束石と大引きの間の束柱を作り、ウッドデッキの下地を作ります。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

手抜きをする業者ですと、安くあげるため、見えない下地部分にSPF材や杉を用いる事があります。耐久性の低い木で作った基礎は、すぐだめになりますし、シロアリもきます。そのため弊社では、見えない部分こそ手を抜かず、強いデッキ素材でしっかり作ります。

こちらは床下収納の扉です。大きく開いて使いやすいよう観音開きの扉を2個所につけます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

植込み部分を覆うように、敷地境界線ぎりぎりまでウッドデッキを張ります。植込みの木はウッドデッキの下からニョッキリ生えてくるデザインです。この穴から水や肥料をあげることができます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

半分枯れていた木があった場所には、シンボルツリーのハナミズキを植えました。このように大面積のウッドデッキは、中央部分にシンボルツリーを配置すると空間が引き締まります。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

こちらは浴室側になります。浴室の前に木を植えて植栽の目隠しを作ります。日の当たらない場所なので、日陰に強いユズリハを新植しました。

地面は草が生えないよう、土間コンクリートを打ちました。防草シートを敷いて砂利をまく方法もありましたが、ここには排水桝がたくさんあり、砂利だと収まりが悪くなります。またここを自転車置き場にしたというご希望でもありましたので、土間コンクリートを採用しました。ただ、コンクリートだけだと無機質な冷たい印象になるので、レンガでアクセントをつけ、温かみを出しました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

奥様ご希望の屋外シンク(ガーデンシンク)が出来上がりました。バーベキューをする際、野菜やお皿を室内にわざわざ持ち込まずに手軽にここで洗えます。しゃがまず洗えるよう、普通のキッチンの高さと同じにしました。立ったまま洗えるので腰が痛くなりません。

このガーデンシンクは、白いモザイクタイルの手づくり製品です。奥様がインターネットで見付けて購入されたそうで、受注生産品なため取り寄せに1ヶ月かかったそうです。奥様お気に入りのガーデンシンクを取り付けて差し上げたらとても喜んでくださいました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

このガーデンシンクの取り付けで苦労したのは、蛇口の付いた立水栓で、普通の立水栓はこんなに高さがないので既製品が無く、高さを出すため既製品を改造しなければなりませんでした。

改造した部分は、ガーデンシンクの下に台を作って隠しました。この台はウッドデッキと同じ木で作り、統一感を出しました。立ったまま楽に洗い物が出来るよう、奥様のお好みの高さに調節しながら作りました。

蛇口にも特徴があります。通常ですと蛇口は1つだけですが、これには2口付けました。1つには水やり用のホースを繋ぎっぱなしにしておけるので、付け替える必要が無く便利です。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

一見すると何もないように見えますが、実はここに床下収納の扉があります。大きく開いて使いやすいよう、観音開きの扉を2個所に作りました。扉を閉じれば床下収納があるなんてわからないほど目立ちません。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

床下収納の扉をここにも作りました。この床下収納は、しまい場所に悩むタイヤやアウトドア用品やホースを片付けるのにとても重宝し、みなさんに喜ばれます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

路地庭の入口には、小さなお子さんと、飼っていらっしゃるワンちゃんが勝手に外に出ないよう、門扉をつけました。

この門扉、よく見ると斜めになっているのがお分かりですか?この幅にぴったりの門扉が既製品になかったため、斜めに取り付けたのです。この幅ぴったりの特注品を作る手もありますが、費用は高くなります。人目に付かない裏口でもありましたし、コストパフォーマンスを優先させ、既製品を斜めに付けようとアドバイスした次第です。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

お庭の出入り口は、3色のレンガを張っておしゃれにしました。色をグラデーションにして張ると広く見える効果があります。単色だけだと狭く見えるんです。これもちょっとした造園テクニックです。

ウッドデッキの階段は、内側に切り込むデザインにしました。通常、階段は外側に突き出ているものが多いですが、このように内側に作ると、スペースを節約でき、見た目もオシャレになります。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

新しいウッドデッキが完成しました。お庭全体にウッドデッキを張ったので、まるでカフェテラスのようにおしゃれです。掃除も落ち葉をホウキで掃くだけで簡単です。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

ウッドデッキでバーベキューを楽しむ際は、ガーデンシンクがあるので、部屋の中に汚れ物を運ばずその場でサッと洗え、とても便利です。洗い物をする人もみんなと一緒にいられます。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

路地庭もこの通り。草取りの必要がない、メンテナンスフリーのお庭が完成しました。


神奈川県 藤沢市 ウッドデッキ 施工事例

T様は「すごく良くなったね!最初は芝生にこだわって芝生をひいてしまったけど、最初からこうしておけばよかったよ。」と喜んでくださいました。

「飼っているネコが逃げないようにしたいとも考えているんだ。またグリーンパトロールさんに相談させてね。」とも仰ってくださいました。家族もペットも、みんなが一緒に楽しめるお庭にしたいというT様の思いを、ぜひ今後もお手伝いさせていただきたいです。




神奈川県藤沢市M様 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

藤沢市にお住まいのM様から「老朽化したウッドデッキを新しいハードウッドウッドデッキに作り変えたい」というご相談をいただき、現状を確認しにM様邸に伺いました。

神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

ウッドデッキの上には、物干し台とテーブルセットが置かれていましたが、片方の椅子はテーブルの上に積み上げられていました。ウッドデッキの広さが十分でないため、洗濯物を干すスペースをとると、テーブルと椅子が置けなくなり、仕方なく重ねて積んでいるのだそうです。

そこで、新しいハードウッドウッドデッキは、テーブルと椅子をゆっくり置けるよう、今より広くしたらどうかとご提案したところ、実はM様は他の業者さんにも見積もり依頼をされていて、その業者から「今より広いハードウッドウッドデッキを作るのは無理」と言われたそうです。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

今より広く出来ないと言ったその理由は、ウッドデッキの手すりにはわせているバラの木にありました。幹が直径5センチほどもあるとても太いバラで、不用意に曲げるとポキっと折れてしまう、扱いが難しいバラだったのです。

ウッドデッキを広くするには、このバラを別の場所に移動させなければならないとその業者さんは思ったのでしょう。確かに植え替えは枯れるリスクが高いので、植物や造園に詳しい業者でないと無理です。それでその業者は「拡張は無理」とM様に言ったのでしょう。

しかし造園のプロである私には秘策がありました。バラを移動させなくても、ハードウッドウッドデッキを今よりずっと広く作れる方法があることをM様にご説明したところ、「え?バラをそのままで広いハードウッドウッドデッキを作れるの?ぜひお願いしたいわ!」と驚いていらっしゃいました。

こちらがM様にご提案した平面プランです。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

①バラを別の場所に植え替える事なく、現状のウッドデッキより1.5倍の広さに拡張します。
②ウッドデッキの上にあったエアコンの室外機は下に移動させ、広く使えるようにします。
③雑草が生えてお困りだった庭全体には、防草シートと砂利を敷いて雑草対策をします。
④植え込みにも防草シートと砂利を敷いて、雑草が生えないように対策を施します。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

工事が始まりました。まず老朽化したウッドデッキを撤去します。ウッドデッキの端部分にはシロアリがきていて、シロアリが木を食べ進んだ跡、蟻道(ギドウ)がありました。シロアリに食べられスカスカになった端のほうは、強度がなくなっており、体重の重い人が乗ったら崩れるかもしれない危ない状態でした。

こちらのウッドデッキは15年くらい経った物でしたが、本来なら4~5年おきに必要だった再塗装をされていなかったため、老朽化が早かったようです。

またお庭には、奥様が防草シートと砂利をご自分で購入して、土の上に敷いておられましたが、その防草シートはホームセンターでよく売られている素人用の防草シートだったので、雑草が生えて来てしまい、草取りに困っておられました。そこで、プロ用の防草シートを敷き直して、雑草対策を施すことになりました。

防草シートの品質はピンからキリまであり、敷くのも技術が必要です。「ホームセンターで買った防草シートを自分で敷いたが、雑草が生え困っている」というご相談をよくいただきますが、頑固な雑草を排除するには、それ相当の品質と技術が必要なのです。(庭のプロ、グリーンパトロールなら安心です。施工後、万が一雑草が生えてきたら無料で対応します。)


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

奥様が購入してまいていた砂利は、後で再利用すため、汚れないよう丁寧に袋に入れて一旦どかしました。普通の業者でしたら、古い砂利は撤去処分して、お客さんに新しい砂利を購入させるところですが、私は今あるものを再利用して活かす主義なので、使えるものは役立てます。

植え込みにも雑草が生えないよう、防草シートを敷き詰めて雑草対策します。これでお庭の管理が大変楽になります。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

防草シートを敷き終えたら、ウッドデッキの基礎となる束石を作ります。基礎となる束・土台・大引の構造体が出来たら床板をはっていきます。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

手すりの柱は床下から床上まで1本で通して作ります。普通の業者は、床下と床上の木を別々の木で作って金具でとめることがよくあります。その方が早くて簡単だからです。しかしそれでは手すりの強度が弱くなるので、手間がかかってもグリーンパトロールは床下から手すりの天端まで1本柱で作ります。

サイドにはウッドデッキから楽に庭に降りれるよう、ステップをつけます。ウッドデッキの上に置かれていたエアコンの室外機は下に移動させ、広く使えるようにします。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

床板ができてきました。曲がりや反りなど癖のあるハードウッドを真っ直ぐに施工するのには熟練大工の技術が必要です。

バラの幹を手すりに誘引しています。やり方を間違えるとポキリと折れてしまうので、注意が必要です。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

ハードウッドウッドデッキが完成しました。床下部分に幕板を張って隙間を塞いで、小動物の侵入を防ぐお宅もありますが、今回は必要ないとのご希望でしたので、空いたままにしています。

お庭全体にウッドデッキを敷いて広々と楽しむ方法もありますが、M様のお宅は、お隣との境界にあった植木を残すため、植え込みギリギリまでの幅に収めました。テーブルセットがゆったり置ける必要最小限の広さにしてコストがあまりかからないようにしました。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

物干し台を置いてもゆったりテーブルセットが置ける広さになり、M様はとても喜んでくださいました。

デッキ材には、ささくれやトゲが出ない油分の多いハードウッドを用いましたので、ウッドデッキの上を素足で歩いていただけます。


神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 藤沢市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

ただ曲げただけではポキっと折れてしまいそうだった太い幹のバラは、枯れるリスクのある植え替えをすることなく、職人の腕で手すりにうまくはわせることができました。

防草シートの上には、これまで使われていた砂利を再利用してまきましたが、少し足りませんでした。足りない分は通常ですと業者が買ってまきますが、奥様に自由にしてもらうため、人目にふれない死角部分を防草シートのままおいておきました。「私が好きなのを買ってまいていいのね。」と奥様は喜んでくださいました。



鎌倉市 O様邸ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

鎌倉市にお住まいのO様からお庭のウッドデッキについてご相談をいただき、住環境アドバイザーのわたくし狩谷昌伸と、一級建築士の資格を持つ女性デザイナーのハナオカがお宅に伺いました。

神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

中古住宅を購入して3年が経ち、そのままにしておいた庭をそろそろきれいにしたいと思われ、グリーンパトロールのホームページを見てご相談くださったそうです。

門扉の交換をしたい、アプローチにある階段をスロープにしたいなど、エクステリア全般に関して色々ご希望がおありでしたが、まず最優先すべきは、雑草だらけの芝生の庭にウッドデッキを作りたいというご希望でした。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

リビングの前にはウッドデッキ代わりに濡れ縁が3枚並べて置いてあり、濡れ縁の下もその周りも雑草がたくさん生えていました。

お庭にはもともと芝生が植えてあったそうですが、どんどん生えてくる雑草に芝生が負けてしまったようで、庭一面草だらけになってしまったそうです。

雑草の生えない手入れが簡単な庭にして、きちんとしたウッドデッキを作って、バーベキューなどを楽しみたいというお話しでした。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

O様は実は既に何社か見積もりをされており、それらの会社から「ウッドデッキを人工木で作ってはどうか」と勧められていたそうです。

木粉にプラスチック樹脂を混ぜ合わせて作った人工木ウッドデッキ(樹脂木ウッドデッキ)は、プラスチックなので腐らず長持ちし、手軽にウッドデッキを楽しめるというメリットがありますが、時が経つと色とびや割れが出てくる場合もありますし、夏場は裸足で歩けないほど高温になり、逆に冬はとても冷たくなるというデメリットもあります。

何より、ウッド(木の)デッキと言いながら、木本の自然の木の温もりを感じることができないというのは寂しいと私は思います。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

加えて私が一番気になったのは、正確な長方形でなく台形になっているお庭の形でした。このスペースに、既製品の人工木ウッドデッキをはめ込んでもきちんと収まらないからです。

既製品の人工木ウッドデッキは長方形か正方形にしか作れないので、小さく作れば地面が余りますし、大きく作ればアプローチ側にはみ出します。

そこで私は、天然木で作ることをお勧めしました。天然の木であれば、職人の技でいくらでも形を調整することができ、O様邸のお庭の形にぴったり収まるウッドデッキを作ることが出来るからです。

O様は私の提案を気に入ってくださり、天然木のハードウッド製ウッドデッキを作ることに決まりました。ご提案した平面プランはこちらです。

神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

工事が始まりました。まず雑草を取り除き、芝生をはがして下地を整地します。

次に防草シートを張って、雑草対策します。こうして土に当たる日の光をカットすれば雑草は生えてきません。防草シートが敷き終わったら、束石を並べて基礎の床組みをし、床材をはっていきます。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

苦労したのは、階段の部分です。台形の土地にぴったり収まるよう、目地で調整しながら階段を作ります。

建物とアプローチが平行でないため、階段の一番上の段を台形にしないと収まりません。熟練職人の技が光ります。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

玄関のすぐ横に水栓があったのですが、30年くらい使用した古い物だったので、奥様のご希望でこちらを処分して、新しい水栓を作ることになりました。

「どうせ新しく作るならシャワー水栓にしたい」との奥様のご要望で、シャワー水栓を設置することになりました。

見た目の良いオシャレなシャワー水栓にすれば、オブジェとしても使えるので、洗練されたデザインのかっこいいシャワー水栓にしました。

海から帰って来たら、すぐにここで足やからだを洗うことができます。海まで歩いて5分の立地に建つO様のお宅にぴったりです。湘南らしくて素敵ですね。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

新しいシャワー水栓は、元々あった玄関の脇ではなく、配管を分けて水道を引っ張ってきて、排水溝の側に設置しました。ここなら水をジャバジャバ使っても、排水溝に流れるので玄関が水浸しになる心配はありません。

シャワー水栓を設置した場所は元々花壇だった場所です。花壇の枠に使われていたレンガを活用し、シャワー水栓の足元をオシャレに仕上げました。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

新しいお庭とウッドデッキが完成しました。

建物とアプローチが平行でない、不規則な台形のお庭にぴったりと収まっています。既製品の人工木デッキではこうはうまく収まりません。

新しいウッドデッキは、メンテンスフリーで30年もつと言われる、ハードウッド製です。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例
神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

硬くて丈夫で耐水性に優れたハードウッドは、防虫・防腐薬剤を塗布しなくてもシロアリなどの虫害や腐食に強いので、塗り直し等のメンテナンスが不要なのです。

また、油分を多く含む特別なハードウッド材を用いましたので、木肌が艶やかでしっとりとしており、ササクレが出にくく、裸足で歩くと気持ちがいいウッドデッキです。

ちなみに、ウッドデッキの下から出た防草シートは、当方で見えないように切ってきちんと仕舞うこともできましたが、O様から「あとは自分達で好きにやりたいから、そのままにしておいてください」とのご要望で、このままにしておきました。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

完成したお庭とウッドデッキにO様と奥様は大変喜んでくださいました。

新しいウッドデッキでバーベキューパーティも楽しめます。階段部分が椅子やテーブル代わりにもなり、便利です。


神奈川県 鎌倉市 ハードウッド ウッドデッキ 施工事例

お庭にウッドデッキを作りたいなと思われている方は、グリーン・パトロールにお気軽にご相談ください。住環境アドバイザーの狩谷昌伸が、お客様のお庭の形やライフスタイルにぴったりのウッドデッキをご提案いたします。




茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

I様のお宅は、ご主人がスチールのフェンスにラティスを縦に結びつけて、そこにツタを這わせていらっしゃったのですが、フェンスの足が錆びて腐食し、台風でついに折れてしまいました。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

背の低いフェンスに、風の影響をダイレクトに受けてしまう高さのあるものをくくり付けてしまったことに、そもそも無理があったと思われます。ラティスとツタの重みや風が、フェンスの細い柱に相当な負荷をかけていたと思われます。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

フェンスの内側にはウッドデッキがあったのですが、よく調べてみると、木が腐り、シロアリに食べられていました。そこで、ご提案したリフォーム内容がこちらです。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

シロアリ被害にあったウッドデッキは、新しいものと交換し(上図①)、I様から残したいとご希望いただいた既存の物置は、ウッドデッキと同じ材質の木板を貼って統一感を出します。(上図②) 玄関周りは現在、駐車場の一部になっている門とアプローチと玄関をデザイン的に分けたいとのご希望を奥様からいただきました。しかし、別々にすると使いにくくなると思われましたので、兼用で使えるデザインをご提案しました。(上図③)

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

上の図は、カースペース側からウッドデッキに向かっての立面図です。目隠しのため、ウッドデッキをウッドフェンスで囲います(上図④)。これで道路を通行する人やお隣さんからの目線が気にならなくなります。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

上の図は、道路側から建物に向かっての立面図です。門柱はこれまでのブロック塀に代わり、枕木を使用します(上図⑤)。温かみのある雰囲気が出ますし、ウッドデッキ&ウッドフェンスとも相性抜群です。また、ウッドフェンスにアイビーをはわせて、目隠し効果をさらにアップさせます(上図⑥)。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

こちらが完成写真です、折れたスチールのフェンスは、新しいウッドフェンスに取り替えました。こちらのウッドフェンスでしたら、もうラティスを立てかける必要はなく、ウッドフェンスに直接ツタや植物を這わせることができるので、よい目隠しになります。デザインもウッドデッキと揃えましたので、統一感があり大変おしゃれな雰囲気です。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

このようにお庭にウッドデッキを作ることは、雑草対策としてお勧めです。オープンテラスとしても有効に活用できます。例えば急なお客様。家の中にはちょっと・・・という場合、このテラスにお通しすればよいのです。テーブルや椅子があれば、お茶を出すこともできます。

庭が狭くてお隣がすぐそこ。そのような狭いスペースにこそ、オープンテラスはオススメです。素材は、温もりのあるウッドデッキの他に、南欧カフェを想わせるオシャレな雰囲気のジェラストーンやテラコッタタイルなどがあります。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

駐車場と玄関アプローチはこのように変わりました。駐車場にレンガを埋め込んで、視覚的にアプローチを演出しました。段差がなく平らなので、車の切り返しも自由自在です。そして、車が出た後、門と玄関の間に素敵なアプローチが現れるデザインです。

茅ヶ崎市 I様邸 ウッドデッキ・ウッドフェンス・外構工事

駐車場とウッドデッキの間には、レンガと同じ色調の御影石を組んで、統一感を残しつつ、駐車場部分とお庭部分をうまく分離しました。

奥様には「こんな風にしたかったのよ。ありがとう!デザイン一つで、狭いスペースがこんなに広くオシャレに変わるのね。テラスでお茶してオープンカフェ気分を味わいたいわ♪」と大変喜んでいただけました。



鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

S様のお宅は、車庫の上のウッドデッキを修理して欲しいとのお話でお伺いしたところ、
上に人が乗るとグラグラする危険な状況でした。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

表側から見るとわかりにくいのですが、裏側から見ると、あちらこちらが白アリに食べられて腐っていました。白アリが木を食べ進んだ跡(蟻道)も見えます。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

当初、白アリ被害にあっていない箇所を残して、取り替え工事を行う予定でしたが、工事費用を算出してみると、新しいものに交換するのとほとんど変わらない、ということが判明し、新しいウッドデッキに取り替えることになりました。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

塀の上のウッドフェンスの上部がもげて無くなっていました。先日の台風で吹き飛ばされたそうです。さらにお庭にまわると縁側の一部が朽ちて無くなっている箇所がありました。これも白アリが原因でしょう。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

また、お庭のウッドフェンスも上から見るとヒビが入っています。
こちらも白アリ被害にあっています。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

S様のお宅はお庭周辺の白アリ被害もさることながら、お宅の雨漏り被害も心配な状況でした。軒先を見ると雨水が入り込んで雨染みができおり、室内に雨漏りする一歩手前の状況でした。 ベランダの壁に作られた小窓を見ると、小窓の下のレンガにうっすら雨染みが出来ています。ベランダの床部分に加え、この小窓から雨水が入り込んでいるのです。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

こちらの窓は、高級輸入サッシのペアガラス(ガラスが二重になっている)を使われていたのですが、サッシからの水漏れでガラスとガラスの間に水分が入り込んで、水滴で曇ってしまっていました。アメリカやヨーロッパなどの湿気の少ない地域ではポピュラーな素材も、高温多湿な日本の気候には適さなかったのでしょう。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

お部屋側を見るとフローリングの床が傷んでふやけています。こちらの窓はサッシ部分から雨水が入り込んでおり、サッシをまるごと交換しなければならないほど傷んでいました。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

こちらは工事中の写真です。サッシを取り除くとやはり、窓枠の木は雨水で黒く腐食していました。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

完成写真です。高温多湿な日本の気候を考慮してつくられた、機密性の高い日本のペアガラスサッシに取り替えたので、もう水滴で曇る心配はありません。窓枠の腐食した部分を削る必要があったため、新しい窓枠は太いデザインのものを用意し、削った箇所がうまく隠れるようにしました。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

車庫の上のウッドデッキは、一度全て撤去してから新しいものを設置しました。

鎌倉市 S様邸 ウッドデッキ修理・雨漏り窓交換工事

S様は、真新しいウッドデッキを見て「サッシも新しくなってガラスの曇りもなくなったし、これで快適に暮らせるよ。ありがとう。」と、大変喜んでくださいました。


茅ヶ崎市 H様邸 ウッドデッキ工事

    

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

いつもお世話になっているOBのお客様のご紹介で伺ったH様邸。砂利は敷いてあるが、隙間から草が生えてしまい手が掛かるので、ウッドデッキを作りたいとのご要望でした。

    

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

自転車の下にあるご主人が敷いたレンガや砂利は再利用して使います。

    

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

土台と柱を組み立てています。レンガは整地後、綺麗に並び替えて再利用。
砂利も付け足してウッドデッキの側まで敷き詰めました。

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

隣家の目隠しとしてウッドフェンスも作りますが、高さは控えめにして隙間のないフェンスにします。
外水道はデッキの上に置くようにしました。

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

茅ヶ崎市 H邸 ウッドデッキ工事

窓を開けると、リビングと一体化。広々とした印象に・・・。お隣の窓が隠れる高さまでフェンスを設置しました。
今まで外にあった外水栓もデッキの上で使えるように仕上げたので、鉢植えのグリーンを置いたり、色々楽しめそうです。


茅ヶ崎市 T様邸 人工ウッドデッキ工事

木製のウッドデッキが腐食して壊れてしまったということで、ご連絡をいただきました。
今回はお客様のご要望で人工木材のウッドデッキを作ることになりました。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

既存のウッドデッキの撤去も終わり、材料が届いたので作業開始です。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

一見、普通の天然木製ウッドデッキに見えますがPE樹脂と木粉でできた人工木材です。木粉が入っていることで木の質感も感じられますし、 天然木に比べ腐食に強く、 耐久性に優れ、塗り替えも必要なくメンテナンスがとても楽です。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事


茅ヶ崎市 U様邸 ウッドデッキ工事

    

お客様より、カーポートの上にウッドデッキを作りたい。また従業員用のサイクルポートとして、
車庫を兼用できるようにしたいというご相談を受けました。

茅ヶ崎市 U様邸 ウッドデッキ工事

ウッドデッキの床を建物のギリギリまで設置し、車の横に自転車を止めても濡れないようにしました。お隣側のウッドフェンスは窓があるので高めに設置しました。

茅ヶ崎市 U様邸 ウッドデッキ工事

茅ヶ崎市 U様邸 ウッドデッキ工事

2階はベランダをそのままにしているので、2階からは上がれません。
ウッドデッキには車庫の後ろにある外階段を上がります。お客様は既存の物を壊さずに、サイクルポートとウッドデッキが完成したので、とても満足してくださいました。

茅ヶ崎市 U様邸 ウッドデッキ工事


鎌倉市 N様邸 ウッドデッキ工事

自宅の隣地を購入し下を駐車場、上をウッドデッキにしたいとのご相談でした。

鎌倉市 N様邸 ウッドデッキ工事

三角形の土地で高低差もあり、平行線のない地形。水源もありという条件でしたが、有効に活用できる大きな駐車場と狭かった庭が ウッドデッキで広くなり、お友達とバーベキューを楽しめる庭になりました。

鎌倉市 N様邸 ウッドデッキ工事


茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

雑草だらけのお庭でしたが、子供が遊べる庭にしたいというご希望だったので、ウッドデッキと石張りのテラスをご提案しました。 写真左の土のスペースは花壇として、奥様の好きな花を植える場所にしました。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

建物の脇の狭いスペースには防草シートをして防犯砂利を敷きました。これで、草取りする必要はありません。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

お子さんも出やすいように建物から段差なしでウッドデッキに出られるようにしました。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

このようにステップを付けるとそこに座ることもできますし、上り下りが楽になります。
ウッドデッキにすることで、雑草ももう生えませんし、小さいお子様も安心して遊べます。
お客様も庭に出るのが楽しみととても喜んでいただきました。

茅ヶ崎市 T様邸 ウッドデッキ工事

お問合せはこちら

お問合せはこちら